ワイヤーダックスとダンボールハウス ご報告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご報告

resize0030_20160611094721784.jpg

最近、「写ルンです」が再評価されているそうです。

現像してみるまで撮れた画像がわからないドキドキ感が良いとの事ですが、昔はその「現像してみるまでわからない」事が最大のデメリットであったわけで、時代が変われば評価の方法も変わるのだなぁと思ったりします。



resize0028_2016061109041398c.jpg
先日...と言っても、数か月前なんですが 昔撮った写真 約20年分を処分しました。

その写真たちは、 今ではデジタル一眼レフを使用している私の目には 画素数の低い どれもザラザラした質感であり、ピントも甘く、しかしどれも味がある 思い出深い写真たちでした。

残念なことですが、現在 私は おにぎり・ちぇりん・ジャスミンの3頭とは居を共にしていません。

2月にはインターネットのプロバイダ解約に伴いホームページを閉鎖。
アセラブログの閉鎖等を行いました。

この事で たくさんの方に「なぜブログを更新しないのか?」「辞めてしまうのか?」と質問をいただきました。

「更新しないの」のではなく 「書くことが無い」 というのが、一番近い表現なのかもしれません。

なぜそういう決断に至ったのか?については 非常にデリケートな部分のお話になってしまいますため ここでは申し上げられませんが 私なりに考えて出した結果です。



昨年から今年にかけ。
特に父が亡くなってからの一年間は、私にとっては とても目まぐるしく、そして大きな変化の一年でした。

その父も、先月末に 一周忌の法要が終わりました。

私は今 一人の生活をしています。もう 一人になって半年近くです。

一人ですべての事をやらなくてはならないことは大変ではありますが、慣れてさえしまえば苦にもなりません。
むしろ、休みの日は自分勝手な時間に起きて ボーっとして過ごすような 自堕落な一日を送っています。


先日、会社の上司と飲んでいて 店の売上に対して弱気な事を言ったときにに
「お前の プライベートな悩み事とかがあって 売上に影響している」
と、言われました。

そう、未だに 後悔とはまた違った感覚なのですが、
「もっと違った解決方法があったのかもしれないなぁ」
と思ってしまいます。

犬を飼う時、飼い主は絶対に最後まで その子が天国へと旅立つその日まで 飼い主としての責任を全うしなくてはなりません。

しかし、私はその責任を放棄しました。

今まで 私自身がそのことを たくさんこのブログ上でも言ってきました。
飼い主としての責任を放棄してはならないと。

仕事の関係で、そうせざるを得なかったというのは 私の一方的な言い分で 他人から見れば「見捨てた」と言われても仕方のないことですし弁明してみたところで どれほどの方が納得し、共感してくれるのかわかりません。 

犬たちの事を思って出した結論でしたが、 もっと知恵を絞れば良かったのか、時間をかければ良かったのかと、思い悩みます。

resize0029_20160611090414eaf.jpg

すでに 犬たちは全員10歳を超え シニア犬となりました。
これからさらに手がかかり、いろいろな変化に気づいてあげられなければならない時期です。

彼らには申し訳ないことをしたと思っています。

彼らのいない生活は 非常に寂しいです。

本当に毎日。 毎日、毎日 犬たちの事を考えます。
自分でも驚くのですが、本当に毎日 三匹の事を想います。

以前、ペットロスになって仕事を辞めたアルバイトの方に ペットロスはどうやったらなくなるのか?と聞いたら 
「ペットロスは時間が解決する。時間がたてば良い思い出に変わる。それまで待つしかない」
と教わりました。

その時は、そういう物かと思ったものですが・・・。

どうあれ、責任を放棄した以上 彼らを心配する気遣う言葉自体も 偽善に満ちているというか、そんな風に思うこと自体が私には資格がありません。

何を言ってもキレイゴトなんですよね。



家を出る日 一匹ずつ声に出して 呼び寄せて 抱きしめました。

resize0023_201606110904081da.jpg
<ジャスミン 2016.2.5>

ジャスミンは相変わらず 能天気にペロペロと私の膝に載って 顔を舐めてきました。
とめどなく流れる涙を 彼女はたくさん舐めてくれました。

ジャスミンはいつも誰にでも尻尾をふる八方美人のような犬でしたが、それゆえ誰にでも愛される性格の明るい女の子でした。
一方で、気が強い一面もあり 毎回喧嘩では負けるちぇりんに挑みかかっていったりもしました。

あれから半年たって ジャスミンの目はどうなったのだろう、ちぇりんと喧嘩をしてはいまいか、昨年から特に体力の低下が心配でした。
昨年、雷におびえてケージから出たりはしなくなりました。もしかすると聴覚さえも弱り始めているのかもしれません。

引き取る決断理由となった 他の繁殖犬とのケンカででき、一時は生死の境をさまよった傷跡をさすり、元気にこれからも長生きしてくれと祈りました。

resize0024_20160611090410382.jpg
<ちぇりん 2016.2.5>

ちぇりんは 名前を呼ばれたことに喜んで 尻尾を振りながら 私の足をいつものように舐めていました。

私は ちぇりんの事を一番 可愛がっていました。
日本犬のように従順で とても私に懐いていました。

臆病であり、ある面では嫉妬心というか、独占欲も強く 私の膝を他の犬が独占していると「どけ」と言わんばかりに吠えてみたり、時にはケンカもしたり。

ケンカの話ばかりすると、扱いづらい犬のように感じられるかもしれませんが、本当におっとりして 従順で可愛い子でした。


おにぎりは いつもどおり、壁のほうをむいて丸くなっていました。

初めて飼った犬
右も左もわからなく ただただ一生懸命にしつけをしたり、病気になればとても心配し通院しました。
この子のために色々な事を調べたり、この子が喜ぶであろうことを考えたり。

おにぎりという名前は 皆さんからすぐに名前を覚えてもらうことができ、たくさんの方から愛してもらいました。
本当に、すべては この子か始まった。

この子がいたからこそ たくさんの友達に巡り合えた。

ビビりで、勘違いヤローで、最近では体をなでると 怒ったりもしたけれど、ジャスミンにとってはどうやら頼れるオスだったのかも。
たくさん病気もして、気をもんだけど おにぎりにはとても色々な事を教えてもらった。

resize0025_20160611090411d97.jpg
<おにぎり 2016.2.5>

その朝、三匹はいつも通りの 彼らのスタイルで私を見送りました。

これが もしかすると最後になるかもしれないという事は 彼等には予測できようはずがありません。

ケージの中で一匹ずつ抱きしめた後で
 「バイバイ これからママのいう事ちゃんと聞いて 元気に長生きしろよ」
といった私のその声は 自分でも驚くほど上ずり「嗚咽とはこういうものなのか?」 と思うほど声を上げて泣いてしまいました。

私は これまでホームシックにもなったことがありませんし、人の死に際しても涙こそ流しても 声をあげて泣くようなことをした事はありません。
その自分が、こんなにも泣くのかと思うほど涙が溢れ、声が出るほど泣きました。



彼等には 本当にたくさんの幸せを与えてもらいました。

本当に可愛くて、たくさん悩んだり、苦労したけれど、それ以上に楽しい幸せな時間をもらいました。
愛おしくて本当に一番最優先にしてきたつもりでした。
どこへ行くのも一緒でした。少しの時間でも家に置いていくときにはとても心配しました。
言葉では表せないくらい大切でした。

それが、今回 私の決断で彼等と一緒に過ごすことが出来なくなった事に、彼等はどう思うのだろう。恨むのだろうか。
本当に、飼い主がどんな理由であれ「飼えなくなる」という事は 犬たちにとって不幸以外の何物でもありません。

でも、冷静に考えて 彼らを飼育する事・病気の管理は 私には無理だったのではないかと思います。
他の方からは その結論しかなかったのか、元のようにすることはできなかったのかと聞かれますが、本当に残念なのですが私にはこの答えしか見つかりませんでした。

その答えは、半年たった 今でも 変わりありません。

resize0026_20160611090435f2b.jpg




このブログの更新については未定です。
書きたいことがない訳でもないのですが、どうしたら良いものかと今は考えている途中です。

先日 古いPCをたまたま軌道させたところ 古い画像が3万枚も発掘されました。三万枚と言っても実際には同じようなカットだったり、風景や鳥の写真もあるので実質的な使用できる写真はごくわずかなのですが。

また、昨年 秋などに出かけたところの事などもアップしようと思っていたこともたくさんあります。

今更?とも思うし、記憶としても曖昧になってしまいました。
この報告の前に 素知らぬ顔でそちらをアップすれば事足りたのでしょうが、性格的にそういう気にもなれませんでした。

このブログは 削除するつもりはありません。

今でも 犬の椎間板ヘルニアや 白内障・歯周病・卵巣腫瘍・犬との旅行・NBOXなど 本当に たくさん検索していただいているようです。

情報の鮮度は確かにどんどん落ちていっているのは事実ですが、誰かに検索され見てくださっている方がいる間は このブログにも存在意義は認めてもらえているのかもしれません。

本当なら、これからシニアの犬たちとの接し方について、それにまつわる事を更新していきたかったのですが、その点についてはもう語るべき内容が無くなってしまいました。

このエントリーの最後に、
これまで 私を 私達家族を支え、応援してくださった皆様に感謝をお伝えします。
「ありがとうございました」

このブログを通じて、たくさんの方と巡り合い、いろいろな知識や経験を増やすきっかけを与えてくださり、本当に感謝をいたしております。

これから、どうか皆さんは その愛情でこれからもワンちゃんを慈しんで育ててあげてください。
皆様が そして皆様のワンちゃんが これからもどうか幸せに 健康で暮らせるようお祈りしております。
関連記事

テーマ : ワイヤーダックス
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ペットも家族

こんばんはお邪魔します。
当方もダックスフンドを多頭飼いしているのでお世話の大変さと他では得られない充実感は理解できます。
世話をせなアカン、お金がかかるのは確かですね。でもやはりペットと言えども家族と思えば彼らと共に生活する為のお金は無駄ではないと思います。
癒すことも癒されることもあるわけで、お金で買えない部分を彼らは与えてくれます。
気持ちを切り替えてまた彼らを迎えてあげれば後悔はないと思います。

コメントありがとうございます

離れて暮らしてちょうど一年です
離れて暮らしていますが、お金の理由や愛情がなくなったからではありません

飼い主2人の事情という事でお察しいただければ幸いです

3頭の近況は 犬の友達のFBなどを通じて知る機会はありますが、やはり寂しいですね

でも、仕方のない事なんだと理解しております

この度はコメントいただきありがとうございました

多頭飼いとの事、皆様の幸せな生活がこれからもずっと続きますようお祈り申し上げます
いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。