ワイヤーダックスとダンボールハウス 偽妊娠のその後 (手術の前の不安)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽妊娠のその後 (手術の前の不安)

resize1778.png
随分前にハゲました。髪がものすごく薄くなりました。

そして季節は巡り、そろそろ 涼しいと言うよりも 寒いという季節になりました。


髪も・・・お寒い。

そんなわけで、少しでも頭皮への負担を軽減しようと思い 
これまでやっていた白髪染めをやめました。
ちなみに、白髪染めは20年間毎月欠かさずやっておりました。

これで 白髪染めという不可は減った!!多少は髪が生えるハズ!!

2か月後・・・髪の毛が生える気配がありません。

一向に・・・。
そして まだらに生えた髪の毛は真っ白くなっていきます。

私の郷里、米沢の残雪のようです

神様は、
いや・・・髪サマは どうしてこんな酷い仕打ちをするのでしょうか??

おにぎり父です。そろそろAGAを検索しようと思っています。♪ お医者さんにっ 相談だっ♪

※今日の写真は、ビックリするくらい同じような写真です。
i-phoneのしゃしんなんですが、比較的よく撮れたのでたーっくさん アップしちゃいますね♪



resize1780.png

ちぇりんの手術の日程を決めた日、ちぇりんを連れて 近くのドッグカフェにランチをしに行きました。
私たちはあまりドッグカフェを利用しないのですが、この日ばかりは特別な気持ちでドッグカフェに行きました。

そして、ちぇりんが大好物の ノドコロ(馬の食道部分の軟骨)を注文しました。

コレを食べて 元気に手術をのりきるんだよぉ!!(飼い主のアツい想い)
そんな事ともつゆ知らず、目の前にある御馳走を食べまくるちぇりん。

うまぁ~!

もっとぉ~!

かわええのぉ、おぬしわぁ~!むふっ♪

resize1767.png

手術前のの説明を受けました。
おにぎりの去勢の時も、歯石除去の時も、同じ説明を受け、同じような書類にサインをしました。

resize1785.png

「手術にはリスクがあります。運が悪いと死んだり、障害が残る場合があります。」
という書類にサインをします。

手術同意書におけるインフォームドコンセントは形式的なものと考えている方も多いと思います。

resize1773.png

当たり前ですが、充分に診察をし、測定をし、その上で手術をします。

まして、避妊手術は手術の中でも比較的簡単な部類の手術だそうです。
しかし、どんなに簡単な手術だとは言え ある程度のリスクがあります。

resize1768.png

毎回、あのサインをするときは ため息がでます。


父は、15年前 大病を患い 出張先のホテルで倒れました。

会社側も当初は
「いつまででも待っている」
とは言っていましたが、結局は会社を去ることになりました。

今になって思えば父が現場に復帰することは難しかったと思うので、仕方がないとも思いますが、当時は会社というのは無情だなとおもったものです。

resize1779.png

まだ山々には残雪が残る春の日でした
「秋田県の◇◇病院と申します。
○○さんが(父の名)、昨日 △△ホテルで倒れられて 当病院に救急搬送されました。
一刻を争う病状で 本人も意識が朦朧とした状態でしたので、了解もとらぬまま緊急手術をしました。」


突然の電話でした。

resize1774.png

父はウィスキーなどのアルコール度数の高い酒が好きで、かつそれをほぼストレートで、かつ大量に飲んでいました。
それだけの量を飲むわけですから あまり良いお酒との付き合い方が出来る人ではありません。
酒を飲んでのトラブルもあったので、母からは一日に飲む量をコップ一杯と制限されていたのですが、母や私達子供の注意を聞き入れず「もう一杯」「もう一杯」と量は増える一方。

そんな父ですから、肝臓の病気にならないわけがない。
(病状については母と兄が説明を受けたので 詳しくは知らないのですが、放っておくと肝臓がんになる一歩手前だったと聞いています)
resize1776.png

後日、父を その秋田の病院から 実家のある米沢のある病院へ転院させました。
米沢の病院で完治(?)に向けた手術を受けることになり、まずは体力を回復させるために数カ月間の入院生活となりました。

入院中は いろいろと気が滅入る事もあったのでしょう
「オレはガンなんだべ?いつ死ぬんだ」
というような泣き言を実姉に電話をしているのを見たことがあります。

resize1772.png

そんな父の手術の日、
肝臓の何分の一かをを切除する手術でした。

ほんの数時間の手術の予定でした。
軽口を叩いてからベットに乗せられて手術室に入って行った父。
我々家族は待合室で手術が終わるのを談笑しながら待っていると手術の終了予定時間近くになって、
「出血が思いのほか多く、輸血をしています。万が一の場合を想定してください」
というような趣旨の事を聞かされました。

数時間前に軽口をたたいていた父が、もしかすると帰ってこないかもしれない・・・
想像していませんでした。

どうしようもない不安感と、泣きたくなるような辛さ、そして 震えが襲ってきました。



幸い、手術は成功し 今に至る訳ですが 

毎回この手術承諾書を見るたびに あの時のトラウマがよみがえるのです。


特に、今回の手術については 病気ではない(可能性がある)のに 手術をするのです。
病気なら 仕方がないと割り切れることもあるでしょう。
しかし、病気じゃない(かもしれない)のに 手術をする事への ただならぬ不安感。

もう、先生を信じるしかないのです。
わかっているのですが、なかなか 自分を 奮い立たせることができません。

ただ、もう決めてしまったのです。信じるしかありません。

コレがベストの選択だったと。




こういう事を記録しておくことって おそらく同じ悩みを持っている人に共有できると思うので、真面目に書いています。
不安感をあおるような 書き方をしてしまっているかもしれませんが、きっと こういう気持ちって 誰しもが持ちえる不安感であって、その不安は自分だけじゃないって思う事、そしてその経験談って重要だと思うんです。

resize1781.png

最近 「犬 偽妊娠」 というキーワード検索が増えました。

正直、このキーワードについては 私の中では結論が出ていないテーマです。
もう少し、時間が必要なテーマです。

ただ、その時思った「その感情」は、結論が出てからでは もうすっかり忘れてしまっていることは明らかです。
書くタイミングは今しかありません。



このブログの方向性は 「闘病もの」ではありません。

「発病(きっかけ)」があり、
「結論」があり、
その「経緯」を 飼い主の視点で その時の感情や、後から考えたら こんな選択肢もあったかも!みたいな 備忘録みたいな内容を書ければと思っています。

しかし、根底には 「誰かの役に立てれば・・・!」 そんな想いで書いています。


resize1782.png

ちぇりんだけ連れて行ったので、家に帰って おにぎりとジャスミンは ちぇりんの口の匂いを嗅いで「良い匂い!」とばかりに興奮(笑)

ガラにもなく、ちょっとシリアスタッチな今回のエントリー。

正直、すでに手術は終わっているし、もちろん 手術成功、今はピンピンなんだけど (^^)

resize1784.png

今日は 写真が多かったので、写真の量に合わせて 文字数稼いでみました。
まぁ いつもどおり薄っぺらくてすみません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。