ワイヤーダックスとダンボールハウス 偽妊娠のその後 (避妊手術をするべきか)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽妊娠のその後 (避妊手術をするべきか)

resize1734.png

車中泊で目覚めた道の駅で、

確かに気温が低かったのですが(20度くらい)、寒いと言うほどでもないのに震えてしまうちぇりん。
そのため体にタオルを巻いていました。

今回使っている写真は、撮っている時は こうなる事をあまり意識をしていなかったのでピントがちぇりんに合っていません。
こういう言い方が正しいのかわかりませんが、「元気がない」のは今までも何度か経験しています。

青森の旅行中に、元気のないちぇりん。

「ヘルニアが再発したのかもしれないから 無理をさせずに今回は予定を切り上げて帰ろう」
これが私たちの答えでした。

具体的な症状というよりも、普段との比較で

「いつもよりも元気がない」 
「カートに乗せるといつもなら喜ぶのに伏せたまま」 
「食べ物を与えても喜ばない(好きなおやつは喜ぶ)」

そんな程度でしたが、その心配が取り越し苦労で終わればそれで良いのです。
安易に考えて取り返しがつかないことになってしまったら・・・。

家に帰って一晩経っても あまり状況に変化は見られませんでした。
明らかに 具合が悪い。

かかりつけの動物病院 こまき先生へ。
私は仕事だったので、ヨメが連れて行きました


私たちは、その時点では風邪か ヘルニアだろう という想定をしていたので 薬を貰う程度と考えていました。
最悪状況が悪くても注射の一本も打てば一週間もすればケロッと治るだろうと思っていたのです。

触診をし その後 ちぇりんのおっぱいをつまみました。
すると、ちぇりんのおっぱいからは母乳が勢いよく飛び出してきました。
いつもの偽妊娠です。

「この子の場合 偽妊娠が影響しているのかもしれません
避妊手術も視野に入れて検討したほうが良いかもしれません」


放っておくとどうなりますか?

先生は 「放置しても大丈夫なケースもある」としながらも
子宮蓄膿症や、卵巣腫瘍になる可能性や、放っておくと お腹の中で破裂する可能性を示唆

偽妊娠が年中続いているような状況は 決して正常な状態ではない。

ホルモンバランスは卵巣が支配しており、
この“卵巣を取り除く”手術(避妊手術)をすることによってホルモンの分泌を抑えて偽妊娠は収まる。

繁殖などを考えていないのであれば 早いうちに手術するべき
 とのこと。


とりあえずその日は 薬をもらって帰ってきて、夜 仕事が終わって帰宅した私にその報告がありました。
薬が効いているのか、前日までの体調不良が嘘のように 喜んでオヤツも欲しがるし、尻尾を振って遊んでいるちぇりん。

resize1681.png

私たち夫婦は、手術をしない選択肢はないか?と考えていました。
単純に、直感的に、そうあるべき と思っていました。

そしてもう一つ、
これは「約束」という種類のものではないのかもしれませんが、 

ちぇりん・ジャスミンを里子として譲ってもらう時に、「この子たち(ちぇりン・ジャスミン)は、かわいそうだから避妊手術をしないでほしい。」
と言われていました。

そして、ある意味 その約束を 私は忠実に守ってきました。
里子として里親から犬を譲り受けて、その時の約束はかたくなに守るべきと考え、その約束が私の中を支配していました。



この約束とは 
男の子と女の子の体の構造に由来する話で、

男の子は体の外についている(この言い方が伝わるかどうか分かりませんが)睾丸を摘出する手術なのに対し、女の子はお腹にメスを入れてなくてはならない。
体に対する負担は 明らかに女の子の方が大きい

また、本来メス犬は死ぬまで生理があります。
逆説的に「更年期がない」という事がいえます。
避妊手術をすると その更年期に似た症状が出るとの事。

無論 手術の内容や体へのリスク、もっと言えば費用的な物(微々たるものですが)もそうですが、私の中では、「約束」が大きく支配していて今まで手術という選択肢を避けて通って来ていました。

この日も薬が効いているのか体調が良いらしく かたわらで カートの中に丸まっているちぇりんを見ながら 二人で相談しました

そして まず一つ目に重要な事に気が付いたのです。
「約束」の本質を 見誤っていた、勘違いしていた

もともと、この約束をした背景というのは、

オスとメスを同じケージの中で飼っていると、犬は 親に対して「親だ」という事を、子に対して「子だ」という事を忘れてしまいます。
普通の「オスとメス」になってしまいます。

多頭飼いで オスとメスを一緒に飼うのであれば、必ずどちらか一方を去勢・避妊するべき。
ただし、“双方を”去勢・避妊まではする必要性はありません。

どちらか?と言われれば男の子の方が負担が少ないし、費用的にも安い
「“比較したら女の子の方が 負担が大きいから” 手術しないで! (かわいそうだし)

私たちにとっては、大きな発見であり 気づきでした。
「約束」という呪縛から解放されたようにさえ思いました。


また、仮に その約束があろうがなかろうが、仮にその約束がとても重要な物であったとしても

私たちの事を信頼して里子として譲ってくださったのに 避妊手術をしないことが原因で「もしも」のことがあったら・・・
里親さんは 私たちの判断を 許してくださるのだろうか?
むしろ、手術をしなかったことを 「可愛そうだった」と咎められるだろう。

resize1735.png

体調の悪い時は きまって顔つきがこわばっています。

数日して、先生からもらった薬がきれました。
案の定、この日から体調がすぐれないような顔つきに戻りました。

避妊手術をする決意は固まりました。

このエントリーは すでに避妊手術も終わってから書いています。
現在のちぇりんの状態についても今後順次アップしてまいりますので宜しくお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re:

お返事ありがとうございました
またお会いできることを心から願っています
いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。