ワイヤーダックスとダンボールハウス ホンダカーズの商談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダカーズの商談

bakaguruma.jpg


と、まぁ
こんな未来は、まだまだ先のようです(笑)

初代プリウスが発表された時のキャッチフレーズは「21世紀に間に合いました!」
化石燃料と電池を使って充電しながら走るという夢のようなコンセプト。

すごいなぁと思ったものです。それから15年後の21世紀。
我々は 消費税という新たな敵と対峙しています。

このエントリーは、ものすごく長いです。
だから、読むの大変だと思います。

何回かに分けて投稿しようとも思ったのですが、分割すると話が分からなくなってしまいます。
このため 一回でまとめて書いてしまいました。

今回は、車の商談に関することを書いています。ご興味のない方には 眼精疲労になるだけのくだらないエントリーです。また、素人の妄想も多いので、間違った情報等もあると思いますので、その点については ご理解いただけたらと思います。



経緯というか

さて・・・


まだ決定されていないとはいえ、4月からの増税は・・・。

わかんないけどっ
でもっ

とにかく、「今」買うしかない。

増税が決定してからでは とんでもない駆け込み購入で、期日までに入手できな可能性があります。
商談するために、人気のラーメン店バリの長蛇の列なんて笑えませんよ。

買うしかないよ。新しい車を!!

すでに、8月末までに車の契約は済ませ、現在納車待ちという状況です。

実際に契約をした車については、納車後インプレ的なエントリーを書くまで取っておくことにして、今回の目的を。

もともと、「誰かの役に立つ情報を発信できたらいいなぁ」というところから始めたこのブログ(本質的には犬関連を中心にしているのですが)ですので、商談の事例報告と、その中で気が付いたことをまとめてみようと思いました。



中古車って
そもそも、我が家は 車は「中古」というつもりでいました。
それほど、新車を買う必要性を感じていなかったのです。

中古って「オンリーワン」です。
新古車をのぞいては 「同じ程度の車」って一台もないです。
例えば、走行距離・傷・修復歴・色・内装などの汚れなどなど。

結局、「運」や「巡り合わせ」の商品であり、中古車は「あたり」「はずれ」があります。
中古車の魅力は、新車よりも安価である事などが挙げられます。

中古車は 他人が乗ったものだからイヤだ、などという人も多いですよね。

我が家の場合 よく犬を乗せます。
犬を搭載すると、それだけでやっぱり獣臭というか動物特有の臭いが付いたりします。
それを消そうにも
いかんせん、嗅覚が強い生き物だけに、芳香剤は使いたくはありません。

だからこそ、「もともと汚いしw汚れたっていいもんね~」と割り切れる中古車を購入しようと思っていたのですが、たまたま中古車市場には欲しい車がありませんでした。

今回の買い替えについていろいろ考えたのですが、
高い買い物だからこそ「長く乗りたい

そのために、

気に入った車種・好きな色・必要な装備・保障のついた 新車の方が

結果的には『満足のいく買い物』ができ、

かつ長く大切に乗ることによって、最終的には得な買い物ができるのではないか?と考えるようになりました。

そんな時、ホンダのある車が私の目に留まりました。



ちょっと前段までの話が長くなってしまいましたが

なんらかの検索でこのブログにたどり着いたという事は、おそらくホンダ車の買い替えをご検討中という事かと思われます。

ホンダ車の特徴うんぬんについては他のブログやサイトに任せるとして、今回は ホンダカーズでの商談について書いていきます。

理論的とは言い切れない 感情論のような話も多く、ご理解いただけない内容も多いかもしれません。
しかし、中には 使える交渉術も・・・ないな(笑)。。。まぁ、暇つぶし程度にご覧ください。

このブログで暇つぶしになれば、本望です!!!

nb.jpeg

IMG_0113[1]

まず、私の妥結した 値引き額は 16万7千円です。
相場としては 14~5万円らしいので、まぁ値引き交渉は成功した部類と言えるでしょう。

商談に出向いた店舗数は2軒
商談に費やした時間は、各店2時間程度(試乗している時間含む)合計4時間(半日)です。

新車の商談は長期戦というのが基本です。

本当は、もう一軒行こうと思っていたのですが、充分目標を達成できたので、途中でやめました。
例えばあと半月かけてじっくり商談したとして、あと数万円減額できたとして・・・。

今回、比較的効率良く商談をすすめられ、結果的には 平均的な納期よりも早く納車されそうですので、良かったと感じています。

確かに、もう少し粘ればもっと値引きを引き出せたかもしれません。

よくある新車購入交渉事例などを読んでも、何度も足蹴くディーラーに通って、何社か見積もりをとって、それこそ数千円の単位まで値引き額を交渉したという話を聞きますが。

しかし、それに費やす時間と車の納期を考えたら・・・時間の無駄という判断をしました。

もし仮に あといくらかの値引き額の上乗せができたとしても、それを時給換算したらいくらなのかなぁ?と思いました。
根本的なところを言うと、値引きの相場を超えているのだから、これ以上値引きの上乗せと言っても目標額が見えません。

確かに「安い」に越したことはありませんが、あと数千円のために何日も棒に振るというのはもったいないことのような気がします。



競合車種

競合車種は考えましたか?
ただなんとなくディーラーに行ったところで、大きな値引きを引き出すことはできません。
また、無意味な競合も 足元を見られるだけです。

車種によっては カテゴリーが違っても競合したほうが良い車もあるようですが、セオリーとしては「似たような車を競合する」事です。

例えば OEM車などはその良い例です。
日産のモコと スズキのMRワゴン
日産のデイズと 三菱のEKワゴン
トヨタの86と スバルのBRZ

この辺りの車種は分かりやすく競合できる商品です。

なんせ、中身は一緒なのだから。
ご存知ない方のために言っておくと、外観はちょっと違いますが、中身は一緒なんです。

例えば、お付き合いなどのしがらみで、どうしても日産から購入しなくてはならない場合でも、念のため スズキや三菱のお店で見積もりだけでも貰う事をお勧めします。

こういったOEMの場合は良しとして、これが ただ単に 「似たようなカテゴリーの車」となると話はちょっと変わってきます。

例えば、日産のセレナ と トヨタのボクシイ と ホンダのステップワゴン

形や大きさ、価格帯も似ているんですが、結論としては全く違う車なんですよねー。

いや、本気で 価格で決めようという人は良いんです。
特に拘りがないのなら、 よーいどんで価格競争をして、一番 支払いの少ない車を選べば。

でも、そんなに簡単ではないと思いますよ。

で、もしかしたらこんな結果になるかもしれませんね。

tasyamitumori.jpg

見事なまでに 各社 条件が違うんです。
私の場合、このC社に近い条件だったんです。

気持ちとしては、
値引き額で有利な A社 20万円
下取り額で有利な B社 10万円
に合わせてもらって、C社に合計30万円値引いてほしいところなんですが、そう簡単ではありません。


ちょっと強引な例ですが
今、果物を買おうと思って、果物を売っている店の前に立っています。

そして自分は なぜか 昨日 モモ屋さんへ行って100円で買った桃を持っています。

1軒目にリンゴ屋にいきました。通常このリンゴは100円で売っています。
2軒目にミカン屋にいきました。この桃も100円で売っています。
3軒目はブドウ屋です。このブドウも100円で売っています。

3軒とも、それぞれの果物を売る気は満々です。
そして、本当のところは 自分は「ブドウ」が本命です。

リンゴ屋さんは 
ウチは20円引きにするから買ってくれ。え?キミの持っている桃を買ってくれって?でもキミの桃は昨日収穫したものだから鮮度が悪いじゃないか。
5円でだったら買ってあげても良いよ。だから実質75円で売るよ。


ミカン屋さんに行きました。
ウチはとっても甘いミカンだから、5円しか値引きできないよ。
でも、ちょうどそのキミの持っている桃を食べたかったんだ。その桃を10円で買ってあげるよ。
だから実質85円で買ってくれるかい?


ブドウ屋さんに行きました。
ウチのブドウは今が旬!!わざわざ安くしなくても 充分売れるんだよ。だから値引きは0円。
え?キミの桃を買ってくれって?
困ったなぁ。ボク自身は桃を食べたくないんだけど、もしブドウを買ってくれるなら、キミの桃を5円で買ってあげるよ。
だから、実質95円で買ってくれるかな?


huruutu.jpg

桃を持っている「自分」は、この3軒の条件をもとに価格交渉をする事にしました。
「値引き」と「下取」でもうちょっと支払額を抑えようと思ったのです。

リンゴ屋さん!ミカン屋さんがボクの桃を10円で買ってくれるって言うんだよ。

リンゴ屋さんは しばらく考えた後に、
桃を5円以上で買うことはできないから、その分21円値引きするよ。
だから、74円で手をうってくれないかな。



ミカン屋さん!リンゴ屋さんが20円値引きしてくれるって言うんだよ。

ミカン屋さんもしばらく考えて、
これ以上安く売った怒られちゃうんだ。でも、ボク自身は桃を食べたいから11円で買ってあげるよ。
だから、84円で手を売ってくれないかな?


ブドウ屋さん!キミはひどいじゃないか!
ミカン屋さんはボクの桃を10円で買ってくれるし、リンゴ屋さんなら20円値引きしてくれるんだよ!

ブドウ屋さんは、
うーん。でもボクんのところのブドウは今が旬だからね。そんなに安くは出来ないよ。
だいたい、リンゴやミカンがいくら値引きされたって、ブドウはリンゴでもミカンでもなく、あくまでもブドウなんだ。

それと、思うんだけどさ。リンゴ屋さんは75円くらい、ミカン屋さんは85円くらいで売れれば良いと思っているんじゃないかな。
だから、その項目が「値引き」なのか「下取り」なのかは 特に問題はないんじゃないのかな?

リンゴは今 旬じゃないし、20円値引きって妥当な感じがするよ。

それと、桃の下取は「5円が適正だね」
きっと、ミカン屋さんは 下手に値引きをする事によって値崩れすることを恐れて 下取を高くつけたんじゃないのかな?

とは言え、ボクもブドウを売りたいし 5円値引きして 桃の下取は1円アップの6円。実質89円にするけど買ってくれる??


実は他社競合って、ものすごく難しいんです。
だって、基準が違うんですから。

競合のさせ方がコツなんです。



同士競合

そもそもホンダの販売店は けっこうたくさんあると思いませんか?

全国に2000店舗あるそうです。

ちなみに、日産は3000店舗あるのでもっと多く、トヨタは5000店舗です。
しかし、トヨタの場合はトヨタ・トヨペット・カローラ・ネッツ・レクサスという各販売網に分かれているので実際には一つの販売網あたり1000店舗強といった所かと思われます。

このホンダカーズの店舗を 同士競合させます。
これが一番手っ取り早い。

同じ車、同じグレード、同じ装備、同じオプション すべて同じ条件だったら、はたしてどうなるのか??

簡単です。力がある方の勝ちです。
新車販売力・仕入力・中古車販売力・交渉力
それらの総合力の強いほうが勝ちます。

必ずしも、条件は一緒ではありません。

しかし、同士競合の事は 言わないほうが良いかもしれません。あからさまに嫌な顔されます(笑



車を買うんじゃない。人から買うんだ。

ここで、ちょっと脱線するんですが、
ディーラーで新車購入をするわけですが、購入後はどのように維持管理していきますか??

買うだけ買ったら、そのディーラーには行かないという人もいます。
それはそれで、その人の考え方だから良いと思うのですが、私はちょっと違った考えを持っています。

どれだけ反りの合う営業マンを見つけられるか?この一点に尽きます。

通常、車って多かれ少なかれ メンテナンスが必要です。その車のケアも親身になって相談に乗ってもらえることってすごく心強いと思うんですよ。

以前、こんなことがありました。

ホンダのインテグラという車と、シビックという車を所有していた時の事です。

インテグラはそのお店から買ったのですが、シビックは中古車店から買いました。
(この中古車店は会社の上司の息子さんがやっているお店で縁故で購入)

ある時、インテグラにリコールが発生して 車輪の中のパーツが破損する可能性があるという事で部品を交換してもらったのですが、
「シビックもリコール対象になっているはずなんだけど、リコールのハガキ来ないんだよね」
と言ったら、
「本当はリコールのハガキがないと作業できないんだけど、いつも来てくれているしいいよ。タダでやってあげる。」
と言われました。

実は、インテグラは そのパーツによる不具合は全くなかったのですが、シビックはそのパーツが破損してオイルがダダ漏れとなっていたのです。

本当のところ、リコールはメーカー側の責任ですから、そのリコールの対応にハガキが必要だったかどうかはわかりませんが、少なくとも二つ返事で対応してくれて、それから安心してシビックに乗れるようになったのは間違いありません。


また、これ私の個人的な見解もあるのですが、
常連さんにこそ、安くしてあげたい、親身になってあげたいという気持ちっておきると思うんです。

買う方が人間なら、売る方だって人間。
お互い人間なら、印象が良いほうが良いに決まっている。

とはいえ、ほぼ初対面の人に 良い印象を持ってもらうためにはどうするか?

礼儀正しくする。
無理なお願いはしない。
ずっとお付き合いしたい宣言をする
。←これ、一番重要

私、自身の仕事のことで考えても、礼儀正しくて、ニコニコしていて、いつも来てくださる常連のお客様には、本当に感謝しているし、サービスしてあげたいなぁ と思っています。

いやぁ、たまにいるんですよ。

いつも 何かしらクレームらしきことを言って、でもそのくせ頻繁に来るお客様。
勿論、それでもお客様ですから 精一杯のサービスをしますが、やっぱり 緊張はしますよね。

お付き合いするのなら、どっちが良いか?なんて考えるまでもありません。

結局、人間ってこんなもんです。
だから、ディーラーに行ったら まず人を見ます。

本当に、運だと思うんですが、良い人に当たったらラッキーです。
価格は、同士競合ですから 後から何とでもなります。

私は「貴方から買う」んです!

「上から目線な言い方で失礼だとは思うんですが、

私、ディーラーさんを周らせていただいて 勿論、車を拝見しているんですが、それと同時に 人柄も拝見させていただきました。

それで、とても 貴方の事を誠実で、一生懸命頑張ってくださりそうな方だという印象を持ったんです。

車を買ったらそれっきりって方も多いと思うんですが、私はディーラーさんに今後の整備などはお願いしていきたいと思っているんです。

正直、今日初めて(それが仮に何日か前から周っているのだとしても、今日初めてと言ってしまったほうが無難)ディーラーさんを周り始めたので、もう少しだけ他の車(これは暗に他社の車という言い方をしたほうが無難)も見てみたいし。
ですが 少なくとも、貴方から買いたいという気持ちになっていることは確かです。」


アハハ コクっちゃった(爆)
ほぼ面識のない人に、そこまでべた褒めされたら・・・頑張ってやろうと思いませんか??(ニヤニヤ)

あ、念のため言っておきますが、これは本音で言っています。べつにお世辞で言っているわけではありません。
悪用はしないでくださいね。



同士競合続き

ホンダカーズは販売店舗数が多いです。
だから 複数店で見積もりをとることをお勧めします。

え?ホンダ同士で競合させるの??エグくない??と思われるかもしれませんが、一番効率が良い方法ですよ。

仮に、自宅からそれほど遠くない距離に ホンダカーズの販売店が4店舗あったとします。

kyougou.jpg

このホンダカーズの販売店同士を競合させるのです。
ただし、図の F社の場合 同社内での営業店舗が2店舗あります。ここは競合させてはいけません。(ただし前段の信頼できる営業担当と巡りあうためならOK)

同社内での営業マン同士が、一人のお客様をとり合うという事はありません。
この場合、エリアの関係性で担当が決まります。

しかし、法人が違うと 同じホンダとはいえ 売上を上げるためにお互いに切磋琢磨しあう関係です。
とはいえ、本質的な「敵」ではないので、ある程度の情報交換・共有はしているとみて間違いないでしょう。

あからさまに変な事を言うと、総スカンを食らっちゃうので注意です。


え?でも法人が違うかどうかわからないし・・・という方に、簡単な見分けかた。

ホンダカーズのHPの中の四輪販売店検索(リンク)というページがあります。

このHPでまず、調べたい地域の検索をかけます。
そうすると、自身のお住まいの地域のホンダカーズの販売店が紹介されます。

その中の 販売店の名前を見ます。

「ホンダカーズ ○○(地域名)  △△店(所在地)」
この地域名のところが、いわゆる「商号」と言って、会社の名前です。
所在地は、店舗名です。

この称号の違う店舗を数店舗まわってみれば良いという訳。とても簡単でしょ??

県外であれば 確実に違う法人が運営しています。
別にエリア制が敷かれているわけではなく、買うのはお客様の勝手なのだから 他県でも訪問してみても良いかもしれません。(物理的に無理な場合は諦めてください:笑)



同士競合をしていくと


私が今回契約した車は 超人気車種で 値引きの幅は0~15万円 納車2~3ヶ月待ちという車。

当然、値引きは渋いんだろうなぁ。そうなったときは値引き0でも仕方ないなぁと思いながら商談を始めたのですが・・・。

まず1社目

「値引きは0円・ただしオプション5万円分サービスのキャンペーンをしている」との事。
実質5万円引き。

2社目
「値引きは5万円」
ふうん。そういうもんですかー

すると、夕方になって 1社目から電話がかかってきます。
「来週からのインナーキャンペーンで 10万円引きの車を、当社で限定5台販売することになりました。
チラシには掲載されない、店舗に来てくださった方にのみお知らせするキャンペーンです。
8月中であれば、オプション5万円のキャンペーンもあるので、合計15万円引きと同等になります!
人気車ですので、すぐに売り切れると思います!ご検討ください!」


すぐに、2社目の営業担当の方に電話。
実は ホンダカーズ○○店の方から、こういう電話をいただいたのですが、無理なら無理で結構です。
私はアナタから買いますので。
ただ、5万円と15万円では 大きな開きがあります。頑張ってくださいませんか?

店長と連絡を取ると言って電話を切ったのち、
「店長と連絡取れました。私から買ってくださるというのなら、16万7千円まで値引きします。」

約束通り、貴方から買います!

これが、今回の商談のすべて。



下取り車

実は下取り車も値引きと密接な関係があります。

keisan.jpg

車を購入するにあたって、あまり値引き出来ない項目があります。それは諸経費。
当然、税金などは値引きのしようがありません。

しかし、必要経費を抑えるという上では 例えば希望ナンバーにしない・納車は引き取りに行く事によって納車手数料は取られない などによって、経費を削減していくことは可能です。
ただ、これは値引きとは言わず 経費削減と言います。

車は 車両本体のほかに、ナビなどのオプション品が必要です。
このオプションは、取り付け工賃と言うものが発生します。自分でつけるからそのまま渡してくれという方法もあるでしょうが、それは一般的ではありませんね。

そして、値引きと言われるものの内訳を考えると
車両本体値引き・オプション値引き・そして下取りがあります。

実は、この内訳は、あってないようなものだと考えていただいて間違いありません。

dousikyougou.jpg

会社によっては、「下取り」とは、転売するためのものだから、転売できそうもないような車には「下取り価格」をつけてはいけない というような会社もあるようです。

下取り車についてはなかなか難しいのですが・・・

この場合、この下取り価格の見積もりを持って買取店にGO・・・!というのは冗談で、下取りを入れないで交渉をしたほうが、条件がシンプルになります。

正直言って、ディーラーで下取りをするよりも、買取店査定の方が高く見積もってくれます。

ちょっとこの辺りは 後から詳しく。



営業マンの商談手法
今回、アーなるほどなー と思った交渉テクニック。

「インナーのキャンペーン」という言葉。

「基本的に値引き額は0円です。

ただ、明日 社内発表になるインナー告知のセール車というのがあって、まだ色や どのグレードかは私もわからないんですが、とにかく 10万円引きのお買得車を 当社内で5台販売するんです。

これはもう早い者勝ちなので、今決めてもらえれば 私がこの車を抑えてしまいますよ!
さらに、8月中にご契約いただければ これはチラシに載せてある情報なんですが、オプション5万円分プレゼントがあるんです。
だから 今日すぐにでも決めていただければ 総額15万円分お得に乗っていただけるんですよ。

8月中なら、このオプション5万円は誰にでもしていますが、この10万円お得な車は早い者勝ちです。
人気のある車なので確実になくなると思います。」

うまいですよね。

そんな、意味不明なインナー(?)セール あると思えません。

要するに、人気車だから営業マンとして「値引き」をしたことにはしたくない。
しかし、お客様は ネットなどで値引き情報を調べてくる。
値引きで負けたと思われたくない。
だから、会社で用意した「お買得車」という設定にしてしまう。

さらに、すぐに売れてしまうよ!という稀少性を出して 買いたい気持ちを焚きつける。

うん、実に上手いじゃないか。

私、思うんですが、 営業マンの仕事って 実際に「得をさせる」事ではなくて「得をした気にさせる」事なんだと思うんです。
そういう意味での この営業マンの方の交渉テクニックは、とても上手だと思いました。

しかし、前段の話の中で ディーラーをまわって人を見ているという話をしたとおり、私 こういう駆け引きのある人 あんまり好きじゃないんです。

すぐにもう一方に電話をして、
「要するに15万円引くと言っているんですが、おたくなら どうする?」と聞いてしまいます。
ただし、この時に「貴方から買いたいんだから 頑張ってくれよー」というアピールを猛烈にします。

相手も、まさか価格が負けているのに「買ってくれ」と言えるわけもなく、値引きに色を付けてくれます。


今回の交渉では言われませんでしたが、以前 新車の商談をした時に言われたのは
「車両本体からは 会社からキツく言われていて値引きできないんですが、オプションからなら値引きは出来なくないんです。
だからこうしませんか?
オプションを15万円分無料でつけるってのはどうですか??」

この方法も賢いと思います。オプションは考えようによっては、カー用品店で買えるものも多いのです。
ディーラーは もちろん「台数」も必要ですが、企業ですから「売上額」も必要なんです。

オプションを必ず買わせて単価アップの方法です。
どのみち、現金で買う訳ではないので ディーラーで買ってローンを組んだ方が 我々としては煩わしさはないと思うのですが。



買取店って

買取店は、中古車を買って 中古車として転売する事を目的としたお店です。
で、この買取店 売るだけでなく 買う事も 営業マンの成績になるんです。

だから、買う事にも熱心。

ディーラーは、そもそも中古車を販売する会社ではないので 下取りはそこまで熱心ではありません。

相場の倍ぐらいの価格で買ってくれることもある・・・みたいです。

その際、事故歴がない・修理歴がない・距離が少ない・傷が少ない などの車が査定が高くなるようです。
また、車検の残り年数・装備などもプラス査定になります。

我が家の車は、洗車もせずに持ち込んだんですが 「キレイに乗っていらっしゃいますね」と言われ(他の方は デントがあるとか、バンパー交換されているから 見た目がキレイでもマイナス査定ですねと言われていたのでお世辞ではないと思う)高額査定だったようです。

まぁ、高額というほどの額でもないんですが。

中古車市場では 軽自動車は値崩れがあまりないそうです。
維持費が安い、そこそこ燃費も良い、取り回し楽などがその要因。

あー。軽に乗っていて良かったぁ(笑)



言わないほうが良い言葉

くどくなってしまいますが、
絶対に相手を貶したり、安くしろよと威圧的な態度をとったり、これだけはやめた方が良い。
それと、私自身は

ガソリン満タンサービスを要求する人がいますが、これ あんまり言わないほうが良いらしい。
気持ちはわかるんですが、ガソリンは新車の「装備」ではなくて、あくまでも自分が使用するための「燃料」

燃料も入れられないほど金がないのなら 買わなきゃいいのに。と口に出さないだけで相手は思っているらしい。
そもそもディーラーで ガソリンサービスをすると、
ガソリンは簿記の科目上 商用車の「維持費」になります(たぶん)

これ、全然 値引きじゃないんですよ。
本来、ディーラーの試乗車や 営業回りの商用車に入れるためのガソリンを オレの車に入れてくれって・・・。

甘いって言われるだろうけど、
なんか・・・どうなんだろうね~。




書いてみて、

うーん。随分 甘いなぁ。と自分で思いました(笑)
まぁ、もうハンコもついちゃったしー
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。