ワイヤーダックスとダンボールハウス デジタル一眼レフカメラのエントリーモデルをいろいろ試してみました 【各カメラによる色の違い2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル一眼レフカメラのエントリーモデルをいろいろ試してみました 【各カメラによる色の違い2】

前回よりも、比較しやすいようにサムネイル表示にしました。

写真は好みの問題だと思います。

実は、アップにしてトリミングしようとすると多少「線がつぶれて破綻している」画像もあるのですが、通常は画像をトリミングするという事も多くはないので、この画像だけで良いのかと思います。

実は、このほかにも ものすごく画像を撮っているのですが、実際 整理するのが本当に大変で、頭が整理しきれません(笑)

下の画像は、午後1時半~2時にかけて同じ場所で同条件で撮影しました。三脚を使っていないものもあるので、厳密には同条件とは言い難いのですが。

さらに、まちがってX50のレンズを、18-135STMにしてしまっています。(キットレンズではない)
まぁ、なんとなく感じだけ伝わればいいかな~と、いつもどおり ゆる~い感じでお送りしております。

撮影は、前回同様 カメラは「インテリジェンスオート」、レンズは「AF」としています。

カメラ任せにすると、メーカーごとによってどんなふうに色の違いが出るのか?を検証。

a57 (2)nex (2)d3200 (1)
x6i (2)x50 (4)x6i (3)
※クリックすると大きな画像が見れます。サムネイルで見るのと印象が違いますので、ぜひクリックしてみてやってください。

ザックリ見てもらうと、右下のX6i18-55の発色が濃く感じられるでしょうが、実際には「レンズが暗くてこのような色になった」とお考えください。
ちなみに、この撮影でカメラ側が「暗い」と判断してフラッシュを焚いていました。

上段
A57は前回同様、サードパーティレンズのため、参考程度に。
NEXはやはり、若干暗めの仕上がりです。
D3200は、全体的に色が薄いけど、自然な色合い。

下段
X6i(STM)は、全体的に黄色っぽい仕上がり、ていうか味付けが濃い。
X50(STM)は、X6iと比較すると若干色が薄めだけど自然。
X6i(ISⅡ)は、全体的に真っ暗なイメージ

下段に関しては、レンズが互換性のあるEFマウントでしたので、交換して撮影してみました。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。