ワイヤーダックスとダンボールハウス ハラスメントの境界線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラスメントの境界線

いつもこのブログで「セクハラ♪」「パワハラ♪」と言っている おにぎり父ですが、ちょっと真面目にハラスメントについて考えてみました。

題して、ハラスメントの境界線!!
ハラスメントとは、「いろいろな場面での“いじめ”や“いやがらせ”」などのことを言います。

この問題が複雑なのは、加害者側が自覚していない場合があったり、本当はその人のことを思って言っている場合もあるのに、その思いが伝わらないという事があったりします。

ハラスメントは 極端な言い方をすれば 被害者側が「いやがらせだ!」「いじめだ!」という不快を感じた瞬間からハラスメントと認知されてしまうケースが多いようです。

近年では 
セクシャルハラスメント(性的嫌がらせ)
パワーハラスメント(職権を悪用した嫌がらせ)
モラルハラスメント(誰のおかげで!というような恩着せの嫌がらせ)
ジェンダーハラスメント(体の機能としての性ではなく、男女間の役割としての性的な嫌がらせ)
アルコールハラスメント(主に酒の場における嫌がらせ)・・・

そのほかにも、アカデミックハラスメント・キャンパスハラスメント・ドクターハラスメント・スモークハラスメントなど、何でもハラスメントとして認知されてしまう恐ろしい時代です。




先日、ハラスメントの講習会がありました。
私どもの会社では、定期的にこういった講習会があります。

私たちのような業態は、一店舗に社員が一人などということもザラで、その社員=店長だったりします。
お店の中で店長が一番偉いわけです。
そうすると、職権乱用的にいろいろなトラブルが起こりがちですが、“そうならないため”の転ばぬ先の杖でこういう講習会が行われているのだと理解しています。

この講習会で、グループディスカッションが行われました。
私の会社は、いくつかの業態をもっているので、その他業態の店長が不思議そうに
「おたくの業態は学生中心だから、怒ったりする時はやぱり言葉を選んだりするの??その点ウチは おばちゃんばっかりだから、『辞めちまえ!!」的な 多少キツイことを言っても大丈夫なんだよね~」

確かに、私たちが若かったときは、そういう事もたくさんあったように思います。
むしろ、大人がイジメを受けているなんて恥ずかしという思いもあったり、そもそもハラスメントなんて言葉がなかった時代ですから これでも歯を食いしばって頑張っていかなくては!!と思ったものです。




先日、飲み会の席で 冗談で上司に「ハラスメントで訴える!!(笑)」と言ってみました。
この言葉、飲んでいる席では 飛び道具的に使えます。上司を困らせてやりましょう(ニヤニヤ)

さて、このハラスメントですが、最近の調査では 4分の1の人がパワハラを受けたことがあると答えているそうです。

さて、問題は 加害者側がハラスメントを認知していないという所にあるわけですが・・・。

この話を考えるとき、いつも思うのは 被害者側の気持ち次第という事。

日曜日の午後4時、TFM系で 福山雅治さんがラジオをやっているのですが、福山さんはあの顔でけっこうセクシートーク好きなんだよね。

で、ラジオの前のリスナーはどう思っているか?

「福山は あんなにカッコいいのに、あんなエッチな話をしちゃって、気取っていなくっていいね!」
なんて思っているに違いないんです。

それがどうですか、
私が同じ言葉を、同じ抑揚で、同じ顔して言ったとしても
「てんちょー、それセクハラで訴えるよ!もー、まじキモいんですけどー」
となるんですよ。

ホント、マジで、



私がこの会社の社員になった8年前、一番初めに直属の店長から言われた言葉
「アルバイトとは飲んだり、遊んだりして 仲良くなるな」

ちょっと、意外じゃありませんか??

真意としては
アルバイトと社員は、ベクトルが一緒ではなく、むしろ相反している。
だから、仲良くなろうという事自体が無理。
社員は叱ったりしなくてはならない場面が多いため、仲良くなろう(嫌われたくない)という心理が働くと正しい判断や指示指摘ができない。
要するに、あまり仲良くなりすぎると、叱れないという事態が起こりうる。

という事だったように思います。

私も、3年前まではそれを頑なに守ってきたのですが、ある時期にそれを止めました。

嫌われたり、怖がられたりすることを恐れない。しっかり叱る。しっかり褒める。
そう言う事が重要だと気が付いたからです。

仲良くなるとか、そんな小さなことで悩むのがバカバカしくなったからです。




店舗責任者として初めて任せてもらった店では散々でした。
バイトに嫌われたくない思いが強くて、叱ることをしませんでした。
全く叱らなかったという訳ではありません。

今思えば、きっと「愛のない叱り方」をしていたように思うのです。

この店では、アルバイトとの関係がうまくいきませんでした。

アルバイトとの関係がうまくいかなくなると、店自体が機能不全に陥ります。
いろいろな事情で数か月で異動になりましたが、今思えば 良いタイミングで異動させてもらいました。

何か、アルバイトの運用に関して悩んだとき、必ず私はあの時の状態を思い出します。



アルバイトに限らず、人とはよく会話をして、お互いの意思疎通を心がけるようにしなくてはなりません。
それが このハラスメントという問題を解決するキーワードだと思います。

今のお店では、傍から見れば「パワハラでは?」と思うような言い方をして叱る時も多々あります。
私自身は、ハラスメントになるギリギリの言い方をしているという自覚もあります。
しかし、アルバイトが私の事を責めたりすることはありません。

ある時、聞いてみました。
「パワハラまがいな言い方をされて、イヤな思いをしているよね??怖いでしょ?」

無論、本人を目の前にして 「あんたパワハラだ!」なんて言える人はまれですが、このことを聞いたすべてのアルバイトは、
「店長のやりたいことや、言っていることは理解している。指摘してもらえて自分の知り得なかった事に気付けて良かった」
と言ってくれます。ついでに言うと、(これはリップサービスだという自覚もあるが)普段の店長がめっちゃ良い人だから、理由があって言っているとわかっていると言うんです。自分でも驚きます。

どうやら、私自身が 休憩中や 面談を通じて、アルバイト一人一人と話をしている中で、目標や目的を共有する。そのため、どうして今回叱られてしまったのか?私がどんな意図で話をしているのか?についても、自分自身で答えを見つけ出すのです。

したがって、私自身はハラスメント・・・かな?ヤバいな
と思っていることも多いのですが(汗)
彼らの中では、叱咤激励と感じてくれたり、気さくなセクシートークと捉えてくれているようです。



得てして、ハラスメントは 相互理解のない状態で起こっているように思います。

相互理解という言葉を使いましたが、平たく言えば 相手に対して「関心・興味を持っているか??」だと思うんです。

それは、私自身がアルバイトに。アルバイトが私に。

そういうお互いの理解が必要です。

何度となく、このブログで使ってきたのですが、
「愛情の反対は憎しみではなく、無関心」byマザー・テレサ

関心を持ち続け、その人がいつもと違っていたら、気づいてあげる。その時に慰めの言葉はいらないと思います。
ただ気が付くだけで良いんです。
そして、気が付いた自分が、その人に愛情を傾けることが、店舗(家族や組織、社会やコミュニティなど)を健全に保つための秘訣だと思います。



ハラスメントの厄介なところは、加害側にその意識がないことです。
私たちの会社は、たまたまそれについて講習会があり、その講習を通じて 自分自身に問いかける機会があります。

加害側にその意識がないと書いたのですが、それについては私の店でも似たような事例はあります。

なかなか上達しない新人が、何人かに一人の割合でいます。
そういう人たちは、最後に自滅する形で会社を去っていくのです。
私は、そういう人たちが退職する時、きっと私にパワーハラスメントされたと思っているのだろうなと思うのです。

しかし、実際はそんなことがあろうはずがありません。
だって、私はシフトマネージャーなんだから、気に入らなければシフトから丸ごとカットしてしまえば良いんです。しかし、それをやらないという事は、その人に少しでも成長してもらいたいからなんです。

成長するための、疑問や質問、相談にはみんなが手助けをしてくれるんです。
しかし、そういう人たちに限って、ほかの人に聞くことをせず、自分でやみくもに答えを探し、結局間違い、叱られるという悪循環。

そんな時、会話をすれば、会話さえあれば、と思うんです。

そういう人たちの共通点は、ほかのスタッフとのコミュニケーション不足。
年齢が、学歴が、立場が、性別が、趣味が、人生が、その人それぞれの事情などのようなものもあるのでしょうが、会話の中で いろいろ気が付く事があるはずなんです。

ハラスメント起こる職場とは・・・とどのつまり、会話のない職場ということではないか?



ハラスメントというキーワードで書き始めたのですが、
要するに「良い店にはハラスメントなんてない」んだと思います。「悪い店はハラスメントばかり」です。

その二者の間(境界線)には、会話(関心・興味)があり、その会話をするか?しないか?で 大きく変わってしまいます。

会話をしよう!
相手の話を聞いてあげよう。そう思うんです。

「で、最近 どうよ??」
こんなフランクな会話が、お互いの心の壁を取りはらってくれて、お互いが前向きになって話し合える環境を作っていけるのだと思います。
関連記事

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。