ワイヤーダックスとダンボールハウス ミニスカートは何歳まではいていいのか?論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニスカートは何歳まではいていいのか?論

先日、女性の「ミニスカートは何歳まではいていいのか?」というキーワードで検索してみました(笑)
へんな検索してます。

本質的に、私としては
「熟女にこそミニスカートを履いてほしい!」と思っています。
日本国民の三大義務
納税・勤労・教育

なんなら、憲法を改正して国民の義務を増やし、30歳以上の女性は常にセーラー服(膝上15cm)を着用!という義務を課したいです。
いや、問題はそこまでひっ迫しているんです!!

若い奴らは知らないのですが、案外 熟女のほうが足が綺麗です。
熟女の足ウォッチャーの私は、このことを声を大にしてお伝えしたい。

今、熟女が熱い!!と。

しかし、熟女は足を出さない・・・。出してくれない・・・・。

太もも見れるのはJKドモです。

でも、超ミニ履いているJKの足とか、見なくても良いんです。
未完成品だから。
世の中には半熟が好きな方も多いですけど、私は完熟が好きなので もうちょっと熟成するまで待ちます(笑)




近ごろの熟女は「年相応」という言葉の元 自分を過小評価なさっているようだ。
自分のチャームポイントは自分自身が知っていないと、買いたたかれてしまいます。

とりあえず言いたいのは、完熟がうまい!!ということ。
したがって、女性も完熟が一番おいしいんです!!

ところで、どうして「ミニスカートは何歳まではいていいのか?」なんてキーワードを検索をしているのかというと、すっごい単純な言い方をすれば

「女性には いつまでもキレイで(可愛く)若々しくいてほしい」から

ミニスカートを履けば、即 「可愛い」とか「若い」ってことを安易に言いたいわけではありません。
話が長くなるのですが、




まず
クリスマスプレゼントは、もう決まりました?

奥さんに「冬物のコート」とか買ってあげたら、喜ぶと思いませんか?

そんな訳で、先日 丸井とかのネットショップで検索に勤しんでいました。
勿論、こちらとしても「予算」という物がありますからね。あまり高すぎても困ります。

見ていたのは、普通のPコートとダッフルコート。
どっちが良いかなー?なんて見ていたのですよ。
まぁ、どっちも可愛いんですけどね。

で、予算と折り合うものを見つけ、そのブランドページに進むと、モデルの女性が若い子だということに気が付きました。
・・・ということは、このブランドのメインターゲットは「若い女性」という事になります。

そこで、「そのブランド名+何歳まで?」というキーワードを入れて検索してみたのです。

そうしてみると
「このブランドは20代中ごろまでの女性がメインターゲット」
という趣旨の記述がありました。

さらに読み進めると「私は40歳なんですが、このブランドの洋服を着たらおかしいですか?(若作りですか?)」という質問を発見。
確かに、このブランドの洋服はミニスカートが多かったりします。

「年齢は関係ないから着たほうが良い」という意見があったり、
「年相応がある。目のやり場に困るからやめてほしい。」
というような、色々な意見があるようです。

私は、コートのことを調べていたので では、年相応とは?と思い、
「40代 女性 コート」
を検索してみたのですが、客観的に見て実年齢以上に老けて見えるデザインや色、そして若干高い値段設定に愕然としました。

そこで、思ったのです。
年相応ってなんだろう?と。

そもそも、実年齢よりも 幼く見える人や 老けて見える人っています。
年相応って、難しいと思うんです。



年相応というキーワードで、わかりやすい例えを挙げるのであれば、ミニスカートや、ショートパンツ、キャミソールなどがあげられるのではないでしょうか?
無論、ブランド名を検索すればもっと出てくることでしょう。

そこで、今回のテーマとして「ミニスカート」を挙げました。

よく、「ミニスカートは若い女性の特権」みたいなことを聞きます。

知恵袋などでも、「女性は何歳までミニスカートを履いて良いのか?」みたいな質問に、「20代前半でしょwww」的な事を書いてあるのを目にします。

まず、私の主観ですが、私はミニスカート容認派なので、好きな物を着れば良いと思っています。
ミニスカートに限らず、髪型やメイクだって、本人が好きなようにすればいいと思っています。

なんだかんだ、一度きりの人生。
他に遠慮して 自分らしさを失ってしまうなんて、もったいないなと思います。

書くいう、自分も どちらかというと「若作り」かもしれません。
仕事柄、学生のアルバイトと仕事をしていますので、話の内容も比較的イマドキな感じのこともしゃべれるし、というよりも、彼らと話をするために情報収集も欠かせません。

彼らの服装や、持ち物を見て、自分にはちょっと「若いかな?」と思っても、躊躇することなく買ってしまいます。そんなこともあって、実年齢よりも5歳(は大袈裟かもしれませんが)ちかく若く見られることもあります。

結局、年齢の印象って、見た目によるものが大きいと思います。




もう一度ミニスカートの話に戻します。

そもそも、ミニの概念は年々短くなってきています。
私の若いころは、「40過ぎたら膝を出しちゃいかん!」みたいなイメージでしたが、最近はそのようなことは全くありません。むしろ膝が隠れるようなスカートを履くのは就活生くらいのもので、そのほかはミニかマキシかどちらかです。

最近のミニ丈は、太ももの半分程度が出ています。
一般的な膝丈は、膝が出る程度
マキシは丈は、くるぶしのあたりまでの長さ。
ショートパンツは、お尻のあたりの丈。

では、ミニスカートを20代後半から履いてはいけないとした場合、ショートパンツはなぜ許されるのか?が疑問なんです。(30代以上でもショートパンツの方は意外に多いように感じます)

意外とショートパンツのほうが露出度は高いはず。
スカートは露出度自体は低いのですが、その脆弱性から・・・ポロリ期待度が高い。

ちょっと話がそれますが、女性の「水着」と「下着」では、断然水着のほうが露出度が高いのに、下着が見えたほうが「お得感が高い」という話があります。
要するに、見えないものが見えるからプレミアがつくっていう話です。

思い出したから書いてみました。

私なりに、30代以上の女性がミニスカートを敬遠する理由を考えてみました。

ミニスカートを履かないのは、きっと貞操感の表れなのでは?

男性が、ミニスカートをほかの男性の前で履かれることに抵抗感があるのだろうなと思うのです。
相手の男性が嫌がることは敬遠する。
これがミニスカートを履かない理由。

自分の魅力をあえて他人に見せる必要性がないということなのでしょう。

でも、私はこう思います、

男性に限らず女性にもあるとおもうのですが、自分が愛している人を 第三者にステキ」とか「可愛い」とか「キレイ」とか、お世辞だとわかっていても褒めてもらいたい願望。

自分のことを褒められるのが大好きな方も多いでしょうが、私は照れてしまって苦手です。
しかし、自分の奥さんなどを褒められるのは、それほど照れもなく「ありがとう」って言えます。

皆に自慢するためには、綺麗でいて欲しい。
そんな願望があります。


ところで、
バレンタインデーに 会社の女性に「義理チョコすらもらえない旦那さん」って、女性からみてどうなんでしょう?
結婚しているのですから、本命チョコでは困るでしょうが、「義理の一個や二個くらいもらえる男性」であってほしいと思いませんかねー?

自分以外の女性に義理であれ、チョコを貰ったら怒り狂うという女性は少ないのではないでしょうか?
それは「義理チョコというシステム」を理解しているからだと思うのです。

しかし、義理すらもらえないという旦那さんは、会社で嫌われている?という疑惑すらあります。
会社で嫌われている旦那さんは、仕事がうまくいくはずも、まして出世できるかどうかすら怪しいものです。

だからこそ、旦那さんには男としての甲斐性のようなものを持っていてほしいと思うのです。
ゴメンナサイ。
これ、私自身が男性なので、同性としての「こうあるべきだ」という考えです。

奥さんには 綺麗でいてほしい。




ただ、この言葉だけだと、誤解が生まれてしまうと思うんです。
では、毎日 化粧をして、可愛い服を着て、なんて無理だろと。

実際、無理です。


そういう奥さんを見ていて、女性を感じなくなったなどという話も聞こえますが、それは男性として奥さんに失礼だと思います。それは奥さんの心を見ていない気がする。

そう言う事じゃないんですよ。
いつまでも、魅力的であってほしいと思うんです。

それは内面から。
「結婚したから、オレ以外の人に可愛いなんて言ってもらわなくてもいいだろ?」
みたいな事を言う男性っています。
少し短いスカートを履いたら「誰に色目使ってんだ」みたいなことを言う人。

でも、本質的に、旦那さんに可愛いって言ってもらいたいんだと思うんですよ。
きっと。

だから、可愛い恰好をしたい!っていう気持ちを全肯定です。
私なら、可愛い!とべた褒めします(笑)


ミニスカートを履いてほしいのでも、若い恰好をしてほしいのでもありません。
いつまでも、あの頃のようなトキメキを持ち続けてほしい。
そのトキメキの象徴が、私の中ではミニスカート。

だから、いつまでもミニスカートを履いてほしいな。素敵な女性であってほしいな。

年相応の考え方を否定したいわけでもない。

ミニスカートを履くことをやめたとき、それは女性が 精神的に大人になっていくことなのかもしれません。
大人の女性も美しい。そして、少女らしさも持ち合わせてほしい。

最後がうまくまとめられなかったのですが・・・男心だって、女心なみに複雑なんですよ(笑)
関連記事

テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。