ワイヤーダックスとダンボールハウス そわそわ一週間 その3 (他店の閉店とか)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そわそわ一週間 その3 (他店の閉店とか)

wiredachs1715.jpg

※ちょっと関係ないんですが、大阪のtetsuさんに業務連絡の写真です(笑)
当社では様々な業態を展開しております。
そして、そのうちの一つの業態に別業態のファーストフード店があります。

私の店の最寄り駅にも その店舗があるのですが、9月いっぱいで閉店という事が決定しました。
私自身も客という形で利用していますので、アルバイトさんの顔も知っています。
この事を聞いて、私自身もとても残念な気持ちです。


私も、最初に店長を任された店が 不採算のため他社への物件売却したという経験があります。
私の前任の店長の時に不採算になり、私が店長として任された時にはすでに売却先を探していると言う状況だったのだそうです。

法人によって採算の取れる店、取れない店という基準があると思いますが、私が任されていた時は黒字でしたが、今後起こりうる改装や機器の入れ替えなどを考慮すると 「将来的に採算が取れなくなる可能性が高い」という判断をトップが下しました

以前から、似たような噂は聞いていたのですが、まさか本当にそうなるとは思っていませんでした。

いや、よくよく考えると・・・気が付いていたのに、気が付いていないふりをしていました。
なんせ、私にとっては初めて「店長」として任された店だったし、「負けてたまるか!」みたいな反骨もあったし、まだチャンスはあると思っていたのです。

しかし、11月ごろに次年度予算を組む時に、私の店の予算だけ上司が修正してこないんです。その時にハッキリと理解しました。決定しているのだ・・・と。

実際、店舗の売却はその時点であらかた決まっていたそうです。

その店は閉店にならなかったので、基本的に希望者は継続雇用してもらえるように当社からも要請をしましたし、アルバイト達もそれを望みました。
そして、1月末日をもって当社としては撤退。

その後、数人のアルバイトとは連絡を取り合う事もありましたが、やはり法人が変るとやり方が根本的に変わるようです。
昔話の世界で、継母が前妻の子を可愛がらないのと同じように、私たちの法人で採用したアルバイトの事をあまり良い扱いはしなかったという噂は聞いています。

それが、良いとか悪いとか、そういう判断は難しいです。しかし、私からすれば私が採用したアルバイトは私が責任を持って卒業まで見守るのが筋だと思っていましたので、とてもこの「撤退」という決断にはショックを受けました。

こういう仕事をしていると、開店(グランドオープン)には何度か立ち会う事もあるかもしれませんが、閉店・売却撤退(グランドクローズ)に立ち会う機会などはそうそうありません。

良く言えば、私は貴重な経験をしたのかもしれません。

よく、「人の痛みのわかる人間になりなさい」などと親が子を諭す訳ですが、店舗経営における「人の痛み」とは?

雇用したアルバイトを路頭に迷わせない事なのではないでしょうか?

では路頭に迷うとは?

犬を飼う時に、いくつか守らなければならないルールがあるのだとすれば、それは
(1)キチンと世話をすること。犬は生き物。ご飯も食べれば、ウンチだってするし、散歩だってしたい。
(2)愛情を持って世話をする事。愛情は犬にも伝わります。
(3)最後まで責任を持って世話をする事。ペットよりも先に死んではならない。

という事があると思います。私はこの(3)に注目しました。

犬を路頭に迷わせないという点では、もしかすると 「別の飼い主を見つければ良い」と発想する方もいるかもしれませんが、そうではありません。
その子が生命を全うするまで、飼った本人が見守る義務があるのです。

そう言う点で、前述のアルバイト達には申し訳ない気持ちも持っているのです。

さて、話しを一番初めの話にもどして、9月で閉店になる店舗の事です。

この話を先週、向こうの事業部の副部長が来て 「こういう経緯で閉店する事になった。ついては、お前の店でアルバイトを引き受ける事は可能か?否か?」という質問をされました。

私の店も「カフェ」という名のファーストフードです。大きな意味でファーストフードとはいえ、アルバイトさんの仕事は激変する訳ですから本当にできるのだろうか?という疑問はあります。

しかし・・・私は、あの時の悔しい気持ちがあるのです。
無論、全員を引き取る訳にはいきません。今いる既存のスタッフの働く環境を制限してまで引き受けるのはリスキーです。

とりあえず、数名の方をコチラ側からも選定をし、「この方ならぜひ一緒に仕事がしたい」という打診をする事にしました。まだ3カ月後の事です。どのような答えにいきつくことになるのやら。

私は、自分自身の性格を「いい加減」とか「適当」と思っています。会社側の大方の評価も似たようなものでしょう。しかし、その私に「任せたい」と言ってくれた上司もいます。

頑張らなくては。



ところで、別件で他のアルバイトさんと話をしていてい「親になるってどういう事だろう?」という話をしたんです。

あ、完全に話題は切り替わります。

彼女は、自分の事を話す時、常に「自分は親になるという事を想像した事がない」「自分が妊娠してもきっと親になると言う認識を持たないだろう」「そんな自分は冷たい人間なのではないか?」と話しをしていました。

私自身も人の親になった事は一度もないので(笑)何とも言えないのですが、おそらく私が考えるには
親になるという事は、子供を授かったその瞬間からなれるものではないのではないでしょうか?

実際にお子さんがいらっしゃる方は、異論を唱える方も多いかもしれませんが、私が想像するに、

子供にとっては親は親。「初めから最後まで親」である事に変わりはないと思えるのですが、親は「子供によって父親・母親に育ててもらっている」のではないか?と思うのです。

お腹が膨らんだから、「私はお母さん!」みたいな感覚になれるのだろうか?いとしいベイビーと思うのだろうか?
よく「お腹を痛めて産んだ子だから可愛い」という言葉を聞きますが、腹が痛んだから可愛いのか?
「おぎゃー!」と産まれた瞬間に、顔を見て可愛いと思えるのかが不安という話を聞きます。

正直、私にはそれら全てが想像の域を超えない物です。
しかし、私は前述の通り、親は子供によって育てられ それぞれ「父親」「母親」になる。父性・母性を養われるのだと思うのです。


私たち「店長」も、店舗があり、アルバイトがいて、お客様がいて、そして店長として成長させられるものなのだと思うのです。
単にその相関関係的な事を言っているのではなくて、立場上どうしてもやらなくてはならない事があり、それをやったり、信頼を得るためにお互いにいろいろ会話をしたり、そんな事がとても重要だと思うのです。
そして、その時に彼等と「店長と部下」としての関係性が構築されるのだと思うのです。



ここ最近、いろいろ疲れてしまう事があり、何もかもを忘れてしまいたいなぁと投げ出したくなる気持ちを、必死に押し殺して歯を食いしばっていました。

楽しいと言う気持ちも、最近は忘れかけていました。

思考停止・・・。

数日前のエントリーにも書いた事なんですが、自分が好きで始めた事に「ウソ」はつけないんです。だからこそ辛いんです。
だから、私はその「辛さ」を 「全肯定するしかない」と考えるようになりました。

あるアルバイトに この事を話した時に とても励まされました。本当に感謝してもしきれない。そういう人が一人でもいてくれると、本当に救われる。

彼女が言うには、私が想えば、彼等にも想いは伝わる。そして彼等も想う。

彼女は言葉を選びながら、一つ一つ丁寧に言葉にしてくれました。

理解者という言葉を使うには、その言葉に持つ意味に重圧さえ感じてしまいそうですが、私が彼等を応援すると、彼等も同じように私を応援してくれます。

良い意味での信頼関係を結べているのだなと、あらめて再確認するいいきっかけを持てました。

この一週間で、忘れていたアルバイトへの思いと言うか、もう一度大事に触れ合っていきたいと思えるようになりました。
関連記事

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。