ワイヤーダックスとダンボールハウス そわそわ一週間 その1 (歯石取り)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そわそわ一週間 その1 (歯石取り)

wiredachs1714.jpg
さーさーのー葉ーさーらさらー

おーにゅーの歯ーしーせーきー

そうなんです。歯石が溜まっていたんです。7月7日中に書こうと思っていたのですが、このエントリーが間に合いませんでした・・・。
先週書いたエントリーに「来週は予定がある」と書いていたのですが、それは おにぎりの「歯石取り」

犬も、人間と同じように歯垢や歯石が溜まります。そしてそのスピードは人間の5倍のスピードだと言われているそうです。

野生の動物は、たとえば野生の肉食獣は歯磨きをしなくても歯周病・歯石・虫歯にはならないそうです。
言い換えれば 虫歯や歯周病というのは現代病というか、文明病のようなものなのかもしれません。

この文明病。歯石。
人間の歯石取りは 歯医者に行けば比較的すぐにやってもらえるのですが、犬の歯石取りは全身麻酔をして行います。

なんだ麻酔か。寝てる間におわっちゃうじゃないか。と思いがちですが、麻酔事故が起こる可能性は0%ではないそうです。

麻酔から覚めないとか、麻酔から覚醒直後の窒息、麻酔から覚醒してパニックになり他の疾患に悪影響を及ぼすなど。

以前も去勢の時に同じように「手術による事故の可能性は0ではない」というインフォームドコンセントを受け、その承諾書を書かなくてはなりません。

先生の説明によると、
「術後もしっかり管理をしているから危険性は低い」
とはいえ、「麻酔事故の可能性はゼロとは断言できない」
「おにぎりの場合は椎間板ヘルニアを患っているので、覚醒後に麻酔で自分の体が思うように動かない事にビックリして暴れて、ヘルニアを悪化させる可能性」
を示唆。

今 健康な子が、もし歯石取りのために死んでしまったら?ヘルニアで半身不随になったら? そう考えるととても不安でした。


当日、7月7日の朝。

前日の夜 21時以降は食餌を与えてはいけないと言う事で、9時半ごろに他の2匹に餌を与えている間は、餌を見せないように おにぎりだけを外に連れ出し、その足で こまき動物病院へ。

車を運転中には、「ご飯」とか「食べる」というキーワードには気をつけ(相手は犬かもしれませんが、そういうキーワードにも反応してしまうので)ながら10時過ぎには おにぎりを預けて、一旦家に帰宅。

午前の診療後に施術を行い、遅くとも19時までには返すか、体調不良などの場合でもなんらかの連絡入れるとの答え。

ブランチを見ながら、他の2匹と昼寝をしながら待っていると、14時半に電話が鳴り 「おにぎりはもう麻酔から覚めて元気に(?)吠えまくっている」とのこと。

16時ごろ迎えに行きました。

おにぎりの歯は、普段の管理不足がたたって、抜けそうな歯が数本あり、その歯は抜歯をしました。
帰りの車では さすがのおにぎりもぐったりした様子で、疲れた表情をしていましたが、家に戻るといつもの不良犬に戻っていました(笑)

とりあえずは一安心です。
歯は とてもキレイな状態になりましたが、歯周病で歯茎が下がってしまっている部分も多く少し隙間が出てしまったところもあります。

歯の状態を写真に撮ろうと思ったのですが、なかなか口を開いてくれなかったので・・・。

wiredachs1711.jpg

血液検査をしたのですが、(実は初めて!) 全ての数値は健康そのものでした!

この一週間で犬の事だけじゃなく、仕事のことなどでも 色々な事がわかったり、考えさせられたりしたので・・・。このタイトルは何回かに分けて更新します。
関連記事

テーマ : ワイヤーダックス
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです?

歯石取りの手術、無事に終わって良かったですね♪
実はうちのログも数年前からグラグラしている歯があり、歯石取りと歯を抜く手術を進められた事があるんですが、
全身麻酔が心配で、行わなかったんです。
ログは数年に一回、痙攣を起こすことがあり、原因はわかってないんですが、
そういうことと連鎖して、何かが起こったら恐いなと思って、
悩みに悩んでやめました。
死ぬより歯抜けの方がよい!
と、判断したのでしたf^_^;)
今、10才。ちょこちょこ歯抜け(笑)
手術した方がよかったかなって思わないでもないけど、ログには今のところ不便はなさそう。
今年で11歳になるので、
これからも元気でいて欲しいと思いますo(^▽^)o

No title

うたさん 

ブログを拝見しているので久しぶり感はないのですが(笑)

結局、こういう事って飼い主が「その子にとってのベストは何か?」を考える事が重要であって、必ずしも処置をする事が正しい訳でも、しない事が正しいと言う訳でもないと思うんです。

まずは考える事、それに尽きると思います。

幸い、犬は歯がなくても生きて行けます。多少の不便はあるかもしれませんが。

痙攣、怖いですよね。
手術中にそのショック症状が出たらと思うと、やはり私も躊躇すると思います。

実際、今回 ヘルニアが出たか?と思わせる具合の悪そうな日があって、ドキドキしました。

お互い、元気に長生き!そう願わずにはいられませんね!
いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。