ワイヤーダックスとダンボールハウス 2012修学旅行 その3 鈴寛かまぼこの里

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012修学旅行 その3 鈴寛かまぼこの里

tour2012 (13)
昨日の続きです。どこまで話したんだっけ~?

そかそか、小田原城だね。←と、会話風に話を始めてみた。

おにぎり父店長、来月分のワークスケジュールも作らずにブログに勤しんでおります。


今回の旅行は、実は見学場所での見学時間に多少の余裕を持たせていはいたモノの、時間はかなり細かめに設定していました。要するに「出発の時間」は決めていました。到着時間による予定の遅れも見学時間の短縮で見事解消!!

というわけで、渋滞で到着が遅れていたので、小田原城の見学時間は次の予定のために早く切り上げなくてはなりません。

小田原城の見学時間、車を降りてからおよそ30分。はやっ!!

え??なんで、そんなに時間に正確に動かなくてはならないのかって??
そうなんです。今回、予約していたところがあるのです。


千葉には東京ディズニーリゾートがありますが、神奈川にもTDRに負けないくらいのテーマパークがあるんです。

それが、イッツ 鈴寛かまぼこの里

tour2012 (14)

楽しく かまぼこ&ちくわ が作れちゃいますっ!レッツトライ!!

シャワーキャップ&紙のエプロンをします。

tour2012 (16)

普段、「大抵の調理」は 「うまくやれる」と自負している私ですが、今回のかまぼこはまったく上手くいきません。

先生の言葉を反芻しながら まずは板のかまぼこに挑戦。

初めに、ハンバーグをこねる時のように叩いて空気を抜きます。この工程をテキトーにやると後で出来上がった製品に気泡が入ってしまいます。念入りにやりましょう。
ぺったんぺったん、やって、板に魚のすり身をなんとか乗っけて・・・完成。

粘土みたいで面白いんですが、なかなかに難しいんです。

続いて、ちくわです。

ちくわは棒に包丁を使ってくっつけていくのですが、これも悪戦苦闘。
他の人たちはできてどんどん焼いてもらっているのに、じぶんだけはなかなか終わる事が出来ません。
最後の手段で、「手でくっつけても良い」と言われていたのですが、それも「店長としてのプライド」が邪魔をします。

tour2012 (17)

なんとか、形にして終了。テキトー。でも良いんです。
ここぞとばかりにアルバイトから「遅い」「キタナイ」「下手」と言われます(苦笑)

15分程度で焼けるとの事で、それをみんなで待つことに。

tour2012 (18)

ちくわがくるくると回りながら、お餅のように膨らみながら焼けます。
それを針のついた棒のようなもので、破裂しないように空気を抜きながら焼いています。

tour2012 (19)

食い入るように見るアルバイトの皆様。
そして、恒例の「ちくわカンパイ☆!」

やはり、焼き立てはおいしいですね。

tour2012 (20)

さらに、いわゆるスーパーに売っているような かまぼこ とは弾力がまったく違います。きっと原材料が違うのでしょうけど、驚きです。

さあ、食べたら次行くよ、次!

tour2012 (21)

かまぼこを作る所から歩いて5分とかからない所にバイキング形式のレストランがあります。
車で移動しなくても良いのは楽チンです。

昨年の旅行、反省点を挙げるとすれば、それは「食事」です。

食べれる所、お店、は沢山あるのですが、こと「大人数で」となると、かなり制限されてしまいます。
自由行動にして「勝手に食べて来い」とういのも可能でしょうが、どうせならみんなで食べたいよね。

昨年は、鎌倉・江ノ島と、割合近い所への旅行だったので、「現地でしか食べれないもの」じゃなくても良いと踏んで、「ファミレスでも良い?」なんて言っていたのですが、そんな訳もなく現場に行ったら「しらすがたべたーい」となるわけです。

急遽自由行動になってしまい、「テキトーに食べれるところ」でなんとなくなものを簡単にたべておしまい。

旅行って、食べることも楽しみの一つ。今年は昨年の失敗を繰り返さないぞ。
ということで、ここを選択。

tour2012 (22)

今回の旅行の、かまぼこ作り体験は、そもそもこの「バイキングレストラン」に紐づいていたのです。
まずは「大人数の入れるレストラン」を探して、その後に「近くの観光地」を探す。

バイキングですし、こういった観光地ですからどうしても料金は割高感はあります。
今回の旅行の会費は一人6000円。

私たちのような大人ならむしろ一日遊んで6000円はむしろ安いと判断できると思うのですが、学生にとっては金額こそ全てです。
その6000円の会費の内、割合の高いのが「かまぼこ作り」と「バイキング」。

かまぼこ作り約1500円、バイキング約1800円 

すこし高いかな?と思ったので、みんながもっと安く旅行に行きたい!と言いだしたら、他の場所を探すつもりでいたのですが、みんな「バイキング楽しみ~♪」と言ってくれました。

tour2012 (23)

かまぼこを使った料理がたくさんあります。
みんな「わいわい」しながら自分の皿に料理を取り分けます。

改めて、旅行って「食」も楽しみの一つだし、「みんなと一緒」の楽しさを感じました。

何度もお代わりしたり、新しい料理が運ばれてくると取りに行ったりして1時間もすれば妊婦みたいな人がたくさんです。食事が終わったら、一旦 先ほどの かまぼこ体験工房へ。

tour2012 (24)

自分の作ったかまぼこを受け取りに行きます。
自分の作ったかまぼこには 板に自分の名前が書いてあるので、すぐにわかります。

なんとなく、こういう所で悪のりが始まるのもこのお店の特徴。
「かまぼこ授与式」を始めます。

いや、他の人がいるんですが、そんなのお構いなしです。たのしければ良いんです。
ちなみに、家でかまぼこを食べたら 気泡が抜けていなくてレンコンみたいになっていました(苦笑)

tour2012 (25)

まだ、お昼を過ぎた頃です。
まだまだ続きます。
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。