ワイヤーダックスとダンボールハウス コロちゃんのこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロちゃんのこと

となりの家に、老犬が住んでいました。名前はコロちゃん。外飼いのワンコです。

私たちがこの街に引っ越してきた時、まだコロちゃんは元気で、飼主のおばあちゃんと一緒に近所を散歩しているのをよく見かけたものですが、最近は老犬性の痴呆症で奇抜な行動が目立つようになっていました。

深夜に「夜鳴き」をしたり(老化しているので、うるさいと言う程ではないが)、いつも同じところをグルグル回ったり、変なところに体を突っ込んで抜けなくなったり、門を閉めているにも関わらず、どこからどうやって抜け出したのかご近所を一人で散歩していたり。

何度か一人で散歩しているところを見つけてお隣に教えに行ったり、ヨメは抱っこしてお隣の庭先まで連れて行ったりしました。抱っこしてみると元気なころに比べて体はガリガリで、体重もえらく軽かったそうです。老化により体に不調が出たのでしょう。

最近、その「夜鳴き」が聞こえなかったり、コロちゃんがいつもグルグル回っていたところにいなかったり、何よりコロちゃんが脱走しないようにいつもは門を閉じていたのに、最近では昼間開けっ放しにしている事が多くなりました。

私達なりに「もしかして・・・」と思っていたのですが。。。

先日、ヨメが散歩のときに隣のおばあちゃんと会った時に
「コロちゃんが 昨年の12月27日に亡くなった」と聞かされたそうです。

前日くらいから食欲がなくなり、翌朝 か細く息をしながら、体をまっすぐにした状態で硬直していたそうです。変化に気づいたおばあちゃんがお父さん(おばあちゃんの息子)を呼びに行きました。

みんながコロちゃんを取り囲む中、お父さんが
「コロ、よく一緒に散歩に行ったよなぁ」
と抱きかかえながら言うと コロちゃんがお父さんに小さくうなずき、そうしてお父さんの腕の中で虹の橋を渡ったそうです。

飼主のおばあちゃんやお父さんとの最後のお別れの為に 朝までがんばったコロちゃん。幸せな結末だったのではないでしょうか。

最後に私がコロちゃんを見たのは、12月の中旬、おばあちゃんが洗濯物を外に干している時に日向ぼっこをしているコロちゃんでした。もし生きていれば今月で19歳になったそうです。

知ったのがつい数日前だったのですが、昨年一年は近所のワンちゃんが次々に亡くなってしまいました。

「生」を受けたものは、遅かれ早かれ必ず「死」にます。これは仕方のない事です。
そして、当たり前の事だけれど、犬の一生は 私達人間の一生よりも短いのです。

まだまだ先のことだけれど、毎回 他のワンちゃんが亡くなったと言う話を聞くと、他人事ではなくて遠い未来のことだけれど、(遠い、遠い未来のことだと思いたいのですが)最後のお別れの時の事を想像して涙が出てしまいます。

もし本当に、虹の橋という物があるのなら、その虹の橋のたもとで 愛犬と再会する事ができるのでしょうか。本当にまだまだ先の事なのですが・・・。
関連記事

テーマ : ワイヤーダックス
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。