ワイヤーダックスとダンボールハウス 米沢のいいところ紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢のいいところ紹介

resize0019.jpg
全国の米沢フリークの皆様こんにちわ。
勝手に観光大使に立候補してみました。まだ米沢の観光協会からのお許しは頂いておりませんが、そんなのシカトです。おにぎり父です

※下書きした日が更新日になっています。スミマセン。


昨年の大河ドラマ「天地人」の影響で、昨年は米沢は大きな集客効果があったそうですが、今年は昨年の半分だそうです。そりゃぁそうだよね。

東京に出てきて、「出身はドコですか??」と聞かれたら、必ず「米沢です」と言います。
東京の人は、そもそも「米沢」がドコにあるのかは知りませんが、「米沢」という地名は米沢牛や大河ドラマの影響で知名度だけは高い。

でもね、やっぱりもっと米沢をメジャーにのし上げるためにね、これは、おにぎり父が米沢のために一肌も二肌も脱いでストリーキングな感じで米沢の認知度アップに貢献しなくてはなるまい。

う~ん、米沢のいいところを皆様にお伝えしたい!!お伝えしたいぞー!!

ってわけで、米沢唯一と言ってもいい観光スポット、松が岬公園へ。

resize0023.jpg
ちなみに、松が岬公園と書きましたが、米沢の人は上杉神社と呼んでいます。さらにもう一つ言うと、ここでおにぎり父、人生初デートしたのです。そんな甘酸っぱい思い出と共に上杉神社をご紹介したいと思うのです。

上杉神社へは、米沢駅からですと徒歩では30分程度かかります。タクシーかバスで行きましょう。

自家用車で行く場合は、上杉神社の(米沢城本丸跡)のすぐ横にある「上杉城址苑」の駐車場に車を停めると便利です。

上杉神社(松が岬公園)は米沢城址の奥御殿の跡に、上杉謙信を祀る神社として建立されています。

resize0020.jpg
米沢の子供たちはこの松が岬公園のお堀で魚釣りをして育ちます。
・・・ちょっと大げさでした。
でも、ここでおにぎり父も魚を釣りましたよー。錦鯉も泳いでいましたので、そいつを釣ってやろうと思って釣り糸を垂らしていたのですが、釣れるのはフナとかばっかり。小麦粉を練って釣り針の先につけて釣るんです。

最近は釣り糸を垂らしている人を見かけませんので、もしかすると魚釣り禁止になったのかもしれません。時代の変化なんでしょうかねー。

そんな松が岬公園の中には、売店があります。ここでは山形名物「玉こんにゃく」が売られていますので一本買ってみましょう。
団子状に丸く練った「玉こんにゃく」を割り箸に刺して、を醤油で味付けしたという食品で大抵山形のどこの観光地でも売っています。

まぁ素朴な味がします。
今回は、その売店前に置いてあった顔出しパネルで記念撮影。

resize0016.jpg
おにぎりさん、そこは顔を出すところじゃありませんよ!

そんなこんなで、玉こんにゃくを頬張りつつ、お目当ての上杉神社を参拝。
あ、ここ、今回初めてわかったのですが、ワンちゃんを抱っこしなくても良いみたいです。まぁ、普通に地元に根ざした神社ですし、この公園自体が普段のお散歩コースなのだろうから、目くじら立てても仕方がないといったところなのでしょうが。
resize0017.jpg

その後神社の南側から裏手に伸びる道を通って、赤い橋を渡り児童会館方面へ。
この児童会館、なんとプラネタリウムがあるのです。

resize0018.jpg
はい。デートと言えば映画館かプラネタリウムへ行くべきです。女の子がどの程度自分を受け入れてくれているのかがわかると言われています。と言うか、先輩にそう教わりました。
ほら、映画館とかプラネタリウムって電気が消えて暗くなるでしょ??ねっ??暗くなるって事はさぁ・・・イヒヒヒ(やらしい笑)

ここ、児童会館だからプラネタリウムの上映はタダなわけ。お金をかけずにデートをする秘策です。あまり知られていない米沢デートの裏技なのです。
横に座っている女の子の横顔を見ると・・・館内は投影機の放つ光に星座が浮かび上がり、その作り出された夜空を彼女が真剣な眼差しで見上げている・・・のです・・・が、

視界にはガキドモが横でワイワイ走り回っている姿とかも入ってきちゃうわけ。しまいにゃ高校生のカップルがこんなとこにいるのが珍しいのか横でヒソヒソ聞こえるように何かを話し始めるの。

あー、だから子供はキライなんだ。 ガキっ ウザっ!!

resize0021.jpg
お堀端を上杉伯爵邸を右手に見ながら  伝国の杜の前庭へ。そこでワンコ共を遊ばせます。

ちなみに、この伝国の杜は10年位前に米沢工業高校が他の地区へ移転し、その跡地に建造された上杉家の歴史を展示する博物館・置賜の文化を伝承するホールとして会館しております。
resize0022.jpg

前庭は芝生敷きになっていて、ワンコのお散歩には格好の場所です。小高い山(?)もあり、おにぎりは大ハッスル。

そんなわけで、ほぼ一周する形で「上杉城址苑」に戻ります。

紹介する順番が逆になってしまいましたが、この「上杉城址苑」(ホームページへリンク)とは、いわゆる観光物産館のようなものです。米沢のお土産はココで買うのが一番手っ取り早いのです。毎回私はここでお土産を買っています。

米沢(米沢と総称していますが、上杉藩が治めていた置賜地域全域)のお土産(関連商材)としては 米沢牛・佐藤錦(さくらんぼ)・ラフランス(西洋梨)・デラウェア(種無しぶどう)・鯉のうま煮(鯉の甘露煮)・ワイン・漬物などが喜ばれるようです。
あ、これは噂なんですが、「おっぱいプリン」とやらが市内の某電気店に売っているらしい・・・。

味噌・醤油・酒はその土地の文化や風俗をあらわします。その土地ならではの調味料をお土産にするのも面白いかもしれませんね。

米沢に来て是非召し上げっていただきたいのは、「米沢ラーメン(ひらま)」「赤湯辛みそラーメン(龍上海)」「日本そば(源蔵そば)」「とろべこ汁(えだまつ)」「義経焼き(行方羊肉店)」「芋煮会」などが有名どころでしょうか。

米沢は笹野一刀彫(おたかぽっぽ)という鷹の人形などが有名です。

米沢は有名人の宝庫で、10年に1度ペースで何らかの大河ドラマ特需があります。上杉家と名がつけばそれが米沢に来た事等ない謙信の物語であっても ちゃっかり便乗するお気楽な雪国体質。今度は前田慶次で一儲けしようと言う魂胆らしい(前田慶次は晩年米沢で暮らした)

上杉鷹山贔屓の米沢人はすごく多いのですが、そもそも日本国内では
「だれよ?よーざんって?」
みたいな感じがあります。ケネディが参考にする日本人として名前を挙げたと言われ、クリントンも真似して「参考にしている」と言ったとか。

最後の方は、ちょっとだけマジメに米沢の特産品なども紹介してみました。
あくまでも、この記事は米沢を紹介するための記事ですので、面白さ皆無でお送りしました。また次回をお楽しみに。
resize0024.jpg

最後に・・・その初デートの相手の女の子ですが・・・
「先輩は私よりも背が低いから・・・」
という理由で おにぎり父・・・ふられました・・・甘くて酸っぱくてほろ苦い思い出なのです
関連記事

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
ユニークアクセス
合計ホスティング・レンタルサーバー
今日ホスティング・レンタルサーバー 昨日ホスティング・レンタルサーバー

トータルアクセス
  
CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
なうい記事
コメントちょうだいよぅー
スパムコメント増加のため承認制にしています
分類しちゃったぁ
MONTHLY
ランキング的な
人気ブログランキングへ Free counters!
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank デイトレード にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーヘアードダックスフンドへ

人気サイトランキングへ
おにぎり☆父とは?
趣味はアリンコの観察と地図鑑賞。ちょっぴりナイーブで腹黒な昭和生まれの男の子。

たまに鼻毛が出ています(爆)

社会の窓は全開ちう。←すーぱーくーるびずなう。
Anniversary!
1st Birthday♪♪

2nd Birthday♪♪
うきうきウォッチング♪
勝手にリンクしてま~すwww
SEO対策
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。